H7/g5

セール価格 価格 ¥20,000 通常価格

STAMP byについて

STAMP byは、一線で活躍するクリエイティブ・ワーカーのライフスタイル・思想が刻まれた製品を共同開発し、STAMPのコンセプトである「半歩先の日常」を皆さんにお届けするコレクションです。高精度の3Dデータからあなたに最適なサイズでお届けします。

 

 

オーダー可能期間
:11/21(土) 12:00 - 12/28(月) 21:00

・製品のオーダーにはスキャンが必要です。まだスキャンをしていない方はオーダー後にSTAMPからお届けするメールからLINE登録後に、スキャンを予約してください。

・11/22(日)より、b8ta Tokyo-Yurakuchoにて本モデルのサンプルを展示しています。

 

持続可能なフィット感への挑戦

STAMPの製品の最も大きな特徴である高精度の3Dスキャンによるフィット感。Collaborator #001田川氏が感じたSTAMPの価値「製品のフィット感」と課題「フィット感の持続性」をコンセプトに、標準モデル\JEANS ver.2.1から、より高いフィット感を長く維持できる仕様を実現しました。

 

##田川氏がSTAMP製品を着用する中で感じた価値と課題

 

・ジーンズが体にフィットする・ピッタリという初めての体験
・フィット感のピークは製品の到着時点
・既製品のジーンズが体に馴染んでいく体験とは逆の着用する中で感じたフィット感の劣化

今回のコラボレーションでは、オーダーならではの課題「フィット感の維持」を維持するべく既存のSTAMPユーザーの声や現在使用している生地の品質データ等を活用し、開発を進めました。

 

回復率の高いファブリックの採用

STAMPのデニム生地にはポリウレタンを混合した素材を使用しており、ポリウレタの特徴であるゴムのような伸縮性で高いストレッチ性を実現しています。一方で、ポリウレタンは天然のゴムと比較し、回復率=キックバック性が弱く着用するうちに伸びていく特性を持ちます。田川氏が着用する中で感じた、着用によるフィット感の劣化はポリウレタンの伸縮性の伸びによるものが要因で、最低限に抑えるため高い回復率=キックバック性の生地を採用。従来の生地の1.2倍の回復率(生地を最大限伸ばした状態から1時間で92%まで回復)を実現しました。これにより、着用を続けてもフィット感の変動を抑えることが可能です。
 





腰回りのフィット感の見直し

フィット感が最も影響する部分、腰回りのパターンを再構築。腰回りのゆとりが最適化され、見た目にも着心地にもフィット感を体感していただます。




※田川氏が着用している製品は初期の特別モデルです。実際の製品にはプリントはありません。


クールな印象を実現するブラックデニム


標準モデルver.2.1よりワンランク上のデニムを採用。しっかりとした生地感と光沢のあるブラックでよりクールな印象に仕上がりました。どんなカラーにも合わせやすく、スタイリングの定番に。クールなジャケットスタイルや、ラフなTシャツスタイルにもマッチします。




STAMP by Collaborator  #001 
画像2


Kinya Tagawa |田川欣哉


Takram 代表・デザインエンジニア
プロダクト・サービスからブランドまで、テクノロジーとデザインの幅広い分野に精通するデザインエンジニア。主なプロジェクトに、トヨタ自動車「e-Palette Concept」のプレゼンテーション設計、日本政府の地域経済分析システム「RESAS」のプロトタイピング、メルカリのCXO補佐などがある。2015年から2018年まで英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アート客員教授を務め、2018年に同校から名誉フェローを授与された。

 

STAMP byについて

STAMP byは、一線で活躍するクリエイティブ・ワーカー(世の中に価値を生み出し続ける人)のライフスタイル・思想が刻まれた製品を共同開発し、STAMPのコンセプトである「半歩先の日常」を皆さんにお届けするコレクションです。

STAMP byの1st Collectionとして、Takram田川氏とクリエイティブコンサルタントの市川氏と共に従来の枠を超えた新たな視点が刻まれた製品を開発しました

STAMP byについての詳細

また、STAMP byのリリースを記念し、10月16日にコラボレータの2人を招待し製品発表イベントを開催しました。製品の開発背景やコンセプトを直接2人がお話しています。

YouTube:アーカイブ版はこちら▼

note:イベントレポートはこちら ▼

https://note.com/stamp_tokyo/n/nd6c27a6d1258